So-net無料ブログ作成

ルネッサンスホテル コ・サムイ [タイ]

後ろ髪を引っ張られまくりながらバンヤンツリーをチェックアウトして、お隣りのルネッサンスに引越しです。

サムイ島を出発するのが朝9時の飛行機だったので、最終日はケチってしまいました(^^;
バンヤンツリーが夕方4時までチェックアウト時間を遅らせてくれたので助かりました。
ありがたや。

ルネッサンスの迎えの車が4時にバンヤンツリーに来てくれました。
車で1分。ルネッサンスに到着(笑)
s-画像 168.jpg

こじんまりしたレセプションでした。
なんかウェルカムされてないような対応(--;
いやバンヤンツリーの至れり尽くせりの対応に慣れてしまっていただけで、後々考えれば普通の対応だった。
画像 193.jpg

道を挟んで海側にはビラ、山側にはホテル棟があります。
ホテル棟のガーデンビューに宿泊です
s-画像 187.jpg

リゾートホテルによくある感じで半屋外の廊下です。
レセプションの人にそのまま案内されて部屋到着。
画像 185.jpg

部屋に入るとややカビ臭い。うーん、あまり稼動してない部屋なのか。。。
まぁ寝るだけだし移動は面倒なのでそのまま

部屋はマリオットスタンダードな感じで、一通り必要なものが揃ってました。
申し分ないけど、それ以上でもない。

ベッドはデカくて寝心地良かったです。
マリオット系は枕がやたら多い。入り口すぐ横にはタイ風ソファ
画像 174.jpg

画像 175.jpg

クローゼットや荷物を置くスペースも十分あります。
画像 179.jpg

ベッドの向かいにはブラウン管テレビと、ミニバーやポットなど
画像 176.jpg

デスク周り
画像 178.jpg

バスルームはなかなか広い。けどアメニティは最低限な感じでやや寂しい。。。
トイレとシャワールームは独立している
画像 180.jpg画像 181.jpg

バルコニーにジャクジーバスタブがあったのが良かった。
シャワーブースにドアがあり、直接ジャクジーに出れる
画像 182.jpg

天井にファンがあり、まったりできるバルコニーでした。
夜と朝、一人でコーヒー飲みながらくつろいでました。
画像 183.jpg

部屋からの眺めはプール越しにちょっとだけ海。
s-画像 184.jpg

ビーチに続く道は緑濃くてリゾート感ばつぐん
両脇にはビラが点在してました。密集してちょっと窮屈そうだったな
s-画像 195.jpg

メインプール。日本人もちらほらいました。
s-画像 196.jpg

ビーチはなかなかいい雰囲気でした。
画像 198.jpg

ホテル周辺はのどかで、ローカルなレストランなどが少しある。
バンヤンツリーに泊まってるときから、この辺ぶらぶら散歩してました。
s-画像 199.jpg


全体的に古い感じだけど、老舗の貫禄というか緑濃くて完成された感じのホテルだった。
部屋を改装してくれればまた泊まるかなぁ。




バンヤンツリーサムイ その他 [タイ]

バンヤンツリーといえば、スパですよね。

バンヤンツリースパでマッサージしてきました。
部屋に1000バーツ割引券とか置いてあったので。
画像 098.jpg

スパのエントランスからは池越しに海が見えていい雰囲気。
s-画像 099.jpg

スパレセプションにはお香やスパグッズなどのショップも併設されてます。
画像 149.jpg

レセプションの隣りにはジムがありました。
あとRAIN FORESTというサウナなどの施設。今回は利用できませんでしたが。
s-画像 100.jpg

点在しているスパビラでマッサージは行われます。
個室だったり、2部屋1ビラだったり部屋タイプはさまざまのようです。
室内はそこそこ豪華でシャワーや更衣室、屋外バスタブなどがありました。
画像 150.jpg

極楽マッサージの後にはリフレッシュメントが
画像 153.jpg

三日月型のメインプールは予想より小さかった。
全部屋にプライベートプールがあるから、いつもすいていました。
1回だけ行ってみた。
s-画像 165.jpg

たまにフルーツなんかも振舞われます
画像 167.jpg

メインプールの1段下には、もう少し小さいプールがあった。
こっちも意外と人気
s-画像 104.jpg

ゆったりしたスペースにくつろぎスペースが点在していてまったりできます。
s-画像 166.jpg

ビーチにはカジュアルなレストランがありました。
なかなかいい雰囲気
s-画像 109.jpg

夕方はこのソファが大人気だった。
s-画像 110.jpg

バンヤンツリーサムイ、かなーり良かったです。
帰りたくなかったなぁ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バンヤンツリーサムイ 朝食 [タイ]

バンヤンツリーの朝はキラキラしてました。

プライベートプールに朝日が反射してキラキラ。バスルームの鏡に太陽が反射してキラキラ。
s-画像 134.jpg画像 133.jpg
s-画像 132.jpg

うーん。リゾートの朝はいい!

朝食は朝10時半まで。
レセプション下のレストランEDGEでバフェです。
毎日9時頃にバギーを呼んで行ってました。

初日は涼しかったので、アウトサイド席で。
翌日からは暑かったので、インサイド席に座りました。

アウトサイドはヨーロピアンが多い。
初日はこの突き当たりの席で。風が心地よい!
画像 122.jpg

名前の通り崖っぷちにへばりついてるので、眺めがいいです。画像 117.jpg

座席からの眺め。
s-画像 115.jpg

インサイド席はなかなかゴージャスで涼しい(笑)
画像 164.jpg

窓側なら眺めもいいです。
画像 144.jpg

料理は室内に取りに行きます。卵料理や温かいものはオーダーすればもってきてくれます。
ホットミールコーナー
画像 119.jpg

コールドミールコーナー。
寿司やフルーツ、チーズ、ヨーグルトなんかがある。
画像 120.jpg

ある日の朝食。
画像 147.jpg画像 148.jpg

オーダーするとこんな立派なパッタイがやって来る。えびがでかい!
画像 146.jpg

マンゴーたくさんちょうだいって言ったら、完熟マンゴーがきた。
すごく甘くて美味しかったです!
画像 162.jpg

なんか可能な限り要望に応えてくれる感じでよかったです。
すっごく美味しいわけじゃないけど、スタッフが皆てきぱき感じがいい。

オープン1ヶ月とは思えないぐらいグッドサービスでした。
みんないろんなホテルから引き抜かれてきたのかな。

毎日朝から満腹でランチ不要な日々でした。極楽朝ごはん。


バンヤンツリーサムイ お部屋編2 [タイ]

続いてシャワールームのドアから室外へ出ます。

外はウッドデッキ。

右にはプール!左にはまったりサラスペースがあります。
外はサラ、プール&ジャクジー、日焼けスペースの3部構成です。
s-画像 138.jpg

サラの丸いソファ、とっても座り心地いいです!ちょうど二人サイズ
天井にはファンと照明があり夜はとてもまったりできました。
s-画像 080.jpg

サラからプールへ向かいます。
画像 141.jpg

プールは想像以上に広かった!タイルの色もキレイ。
s-画像 140.jpg

プールからの景色。かすかに海が~
s-画像 135.jpg

プールの脇には小さいけどジャクジーが付いてました。
ここだけちゃんとお湯なんで、昼は熱いけど朝晩は気持ちよく入れました!
s-画像 136.jpgCAE68P59.jpg

プールがあるのにサンデッキがない??と思ってると
ここのビラにはサンデッキの代わりに風よけのガラスで囲まれた日焼けスペースがあります。
大きなマットが敷き詰めてありタイ風の三角枕が置いてある。
かなり広いくてなかなか良いです!
画像 137.jpg

これでビラを一周しました。
こんな感じで豪華で使いやすくてのんびりできるビラでした。
一日の大半を部屋で過ごしていました。

ただ、となりや上のビラから部屋内が見えてしまい、視線が気になるかもしれません。
といっても自分はあまり気になりませんでしたけど(笑)
まだオープンしたてなので、雨季を越え植物が育つと多少解消されると思います。

あとジャクジーとサラスペースは一部の部屋にだけあるみたいです。
となりの部屋にはサラはなかったけど、うちの部屋にはないハンモックがあった。

同じカテゴリーでも毎回違いが楽しめるのかもしれませんね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

バンヤンツリーサムイ お部屋編 [タイ]

さて部屋に向かいます。GARDEN POOL VILLA
画像 143.jpg

門を入ると少し通路を歩き部屋へ向かいます。
画像 142.jpg

部屋のドア前にはテーブルセットとパラソルがあります。
涼しい夜はここでルームサービスとかも良いかも。
s-画像 139.jpg

重厚なドアを開けるとまずリビングです。
部屋はリビング、ベッドルーム、バスルームと一直線に3部構成。
かなり天井が高いので、開放感があるし調度品や家具が豪華!
SIXSENSESやトンサイベイのような貧乏くさい(素朴な)感じはまったくなし←失礼(^^;
画像 087.jpg画像 073.jpg

どでかいソファセットにはクッションたくさん。ソファの両脇はミニバーになってます
エスプレッソマシーンもあって重宝しました。
画像 071.jpg

42型の薄型テレビとDVDスピーカーシステム。i podも繋げます。
そして天井の豪華な照明が目に付きます。天井高い!
画像 089.jpg
画像 072.jpg

続いてベッドルーム。キングサイズベッドどーん
こちらにも小さいテレビがあったけど、一度も使わず。。。
ベッドルームの天井照明飾りも凝ってますねー
アロマポッドもありました。
画像 084.jpg
画像 069.jpg
画像 070.jpg

一番奥がバスルーム。
ウォークインクローゼットと金庫はここにある。
画像 076.jpg画像 077.jpg

ダブルシンクの広い洗面台はガラス張りでたくさん物を置けて便利でした。
画像 092.jpg

そして特大バスタブ。三人ぐらいで入れるね(笑)
画像 091.jpg

トイレにまで心憎い演出です
画像 090.jpg

突き当たりには明るいガラス張りのシャワールームがあります。
レインシャワーはいまどき当たり前だけど、4連は始めて見ましたよ!
気持ちいいーーー。けど水量全開にすると排水が追いつきません(--;
この辺はお国柄でしょうか。。。 排水部分には砂利が敷いてある
画像 078.jpgCA3LI8LZ.jpgCAB0DKNH.jpg

シャンプー、コンディショナー、シャワージェルはジャスミンの香りで統一されていて癒されました。
そしてシャワールームには外に出る扉があります。

つづく



バンヤンツリーサムイ 到着編 [タイ]

さて今回の旅行でいちばん楽しみにしていたのがここ

7月にオープンしたばかりで情報も乏しく若干不安なまま到着となりましたが。
いざ着いてみたら、不安はぶっ飛びましたねー

昼到着したけど、画像は夜のゲート
画像 113.jpg

宿泊客がまず到着するのはゲートを入りビラを横目に見ながら、急坂をぐ〜んと登った丘の上にあるレセプションです。
画像 124.jpg

見事な眺めに圧倒されながらチェックイン。
レセプション隣りには絶景を見渡せるバーがあり、ウェルカムドリンクをいただきながら休憩です。
画像 125.jpg

ジンジャーとはちみつのジュース
画像 066.jpg画像 067.jpg

飲み終わったらバギーでお部屋へ向かいます。
来た道をゲート近くまで戻ってから細い小道をぐんぐん進みます!
結構勾配が激しいけど、電気カートは意外と馬力があった。
ちなみにカートは後ろ向きに乗るんで、どっかにつかまらないとまじで落ちます(-。-;
画像 127.jpg

このホテルかなり敷地が広く、丘の上のレセプションから谷を下り反対側の丘の上にまで部屋が連なります。谷の下がちょうどビーチとかメインプール

自分が予約したガーデンプールビラは一番スタンダードカテゴリーで敷地の低いあたりに点在してます。

そしてすべてのビラが高床式になっていて、なんか斜面にインベーダーがへばりついてるみたいに見えます(笑)
s-画像 116.jpg

敷地が広すぎる上に勾配がありすぎて、移動は完全にバギーがないと無理です。
部屋到着~。
画像 095.jpg

部屋の入り口の門にはバギーを呼ぶ専用電話が備えつけてあったり、呼び鈴がない代わりにバトラー達はその門の電話で部屋に電話をかけてきます。
画像 096.jpg

室内編につづく。。。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行